効果で物を言う、これがポゼットだ!

ポゼットの効果を知り、自信を持つ男性

ポゼットが果たす仕事とは

早漏に効果的な有効成分にはダポキセチンという成分がありますが、この成分を含んだ治療薬としてはポゼットやスーパーPフォースがあります。特にプリリジーは世界で初めて開発された早漏治療薬として有名であり、ポゼットはこのプリリジーのジェネリック医薬品になります。プリリジーは専門クリニックで処方してもらうことが出来ますが、ポゼットやスーパーPフォースと違い、先発医薬品であるため高価なものとなっています。 スーパーPフォースはこのダポキセチンに加え、ED治療薬バイアグラの成分「シルデナフィル」も含まれています。そのためスーパーPフォースの効果は一つではなく、EDと早漏両方に効く優れものとなっています。 早漏治療薬は性行為のたびに服用する必要性があるため、価格の低さは利用者にとって非常に嬉しいところでしょう。 ポゼットに含まれているダポキセチンは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの濃度を高める役割を果たします。セロトニン濃度が高まれば、脳内の興奮作用が鎮まり、その結果として射精までの時間が長くなります。これが早漏予防に役立つのです。一度服用すれば5時間ほどは効果が持続しますので、最適なタイミングでポゼットを服用すれば、これまでにない性行為を実現することができるでしょう。 実際にポゼットを服用した場合、射精までの時間はそれまでの3倍から4倍に延長するとされています。ただし効果が現れるまでには少なくとも服用してから1時間以上はかかりますので、タイミングを見計らって服用することが重要です。ただ既往症の関係で、すでに何らかの薬を服用している人に関しては、薬の飲み合わせによって重大な影響が身体に現れる可能性もありますので注意が必要です。普段服用している薬がある場合は、ポゼットの服用について医師に相談しておいたほうが無難です。
なおポゼットは個人輸入代行業者を通じて簡単に購入することができます。もっとも日本では未承認の薬ですので、使用後に起きた結果については自己責任です。ですから副作用や併用禁忌の薬など、マイナス要素もしっかりと検討したうえで購入することが大切です。

ポゼットとプリリジーの違い

ポゼットとプリリジーは、ダポキセチンと呼ばれる同じ有効成分を使用した飲む早漏防止薬です。ただし、初めて世に出たのはプリリジーで、ベルギーにあるヤンセン・シラグ社が開発しています。元々はSSRIに分類される抗うつ剤として開発された成分ですが、副作用として射精までの時間が延びることが分かり、早漏防止に役立つとして転用されたのが始まりです。その後に同じ成分を使用してインドの製薬会社サンライズレメディーズ社が開発したのがポゼットで、製造コストを抑えることで価格を下げることに成功したいわゆるジェネリック医薬品に分類されるものとなります。両者の製造方法に違いはありますが、効果を発揮する成分は同じものを使用しているため、早漏に対する働きは変わらないものとなっています。違うとすれば販売価格、錠剤の色や形で、それ以外の違いを見出すことはできません。プリリジーは白い丸形の錠剤となっていて、ダポキセチンが使用される用量によって30や60などの刻印がされています。販売価格は1錠につき2,000~3,000円ほどと、先発医薬品らしく高価なものとなっています。対するポゼットは青の丸錠剤で、大きさに違いはありませんが、刻印などはなく錠剤だけ見ると何の薬か分からないようになっています。30mgと60mgでも同じなので、違いを見極めるにはシートに書かれた文字を見るしかありません。ポゼットは1錠につき200~300円が相場となっていて、プリリジーの10分の1の価格で購入できます。個人差による違いはありますが、基本的に効果が持続する時間が5時間など同じため、特にこだわりがなければ薬価の安い方を利用した方が、家計への負担も少なくて済みます。ポゼットやプリリジーなどの早漏防止薬で自信をつけましょう。

ポゼットの価格相場は?

世界初の早漏防止薬として発売されたプリリジーと同じ成分を使用したポゼットは、ジェネリック医薬品として安く購入できることで有名です。有効成分のダポキセチンは日本では認可を受けていないため、プリリジーでも購入するには輸入が認められた病院のみで、一般的に流通はしていません。ポゼットは流通ルートが確立されていないため、病院などで処方してもらうことはできず、個人輸入サイトを利用した海外からの購入以外に入手する方法はありません。プリリジーは1錠単価2,000~3,000円と高額なものでしたが、ポゼットは製造コストが大幅に下げられているのでかなりの安価となっています。ポゼットの規格は30mg、60mg、90mgの3つで、すべて1箱10錠入りとなっています。30mgでは平均相場は2,747円で1錠単価274.7円、60mgは3,037円で1錠あたり303.7円、90mgでは3,152円で1錠あたり315.2円で購入できます。用量が多くなっても価格はさほど変わらないので、30mgで十分という人でもあえて60mgを購入して、ピルカッターなどで半分に分割して使用すれば、1回の利用で151.85円とさらに安くすることができます。ダポキセチンは1日の摂取量が60mgまでと決められているので、90mgは高用量で1錠をそのまま服用することができず、購入する意味もあまりありません。ただし、分割して1回で45mgを使用するなどの考えがあれば安く利用できるので購入しても良いでしょう。また、錠剤はコーティングによって湿気から守られていますが、分割することによって皮膜がなくなり、すぐに錠剤がボロボロに崩れることになります。無駄にしないためにも、分割したら早めに使用するようにしましょう。