ポゼットの効果を知り、自信を持つ男性

ポゼットと包皮小帯切除術と遊びについて

早漏に困っている場合の治療法には、薬に頼るもののほかに手術を行うことで改善が期待できる人もいます。勃起した時に裏スジといわれる部分の包皮小帯が刺激を感じすぎることで早漏になってしまっている人は、小帯を切除することで治る可能性があります。感じすぎるかどうかは遊びで触ってみたりした時の感覚で判断し、医師に相談すると良いです。包皮小帯切除術といっても皮膚を取り除く程度であるため、20分から30分程度の手術時間です。慣れている医師が行わないと、勃起した時に引き攣れたような感覚が残ってしまうことがあります。

手術に抵抗を感じる人は、早漏治療薬であるポゼットを試してみると良いです。早漏治療薬のジェネリック医薬品であるため、お手ごろな値段で買い求められる薬です。有効成分はダポキセチンで脳内のセロトニン濃度が高まることで脳の興奮度合いを緩やかにして、勃起から射精に至るまでの時間を長くしてくれます。だいたいこれまでより3倍から4倍長くなる効果が期待できますが、体質によって違ってきます。

性行為を行う1時間ほど前に服用することが望ましいですが、作用してくるまでの時間には個人差があるため、前もって遊びのときに使ってみるなどして、作用がではじめる時間をある程度把握してから性行為時に使うようにすると、失敗が少なくなります。

下痢や痺れを感じるような副作用が起きることがあり、極端に血圧が低下した場合には失神に至ることもあります。副作用の発症をできるだけ避けるためにも、他の薬との併用は避けるべきですし、体調が悪いときや飲酒時にも服用しないことが望ましいです。肝臓や心臓の疾患を抱えている人、うつ病の人などは利用しても大丈夫か病気の状況を医師に確認するべきです。